寄せ鍋とちゃんこの違い

 

水炊き」は、なんとなく分かる。
水やお湯に具材や肉・魚などを入れて、具材のうまみを活用する料理だ。

寄せ鍋」は「水炊き」と似てると思っていた。
もともと塩や醤油、味噌などの味が付いている出汁を使い、具材を煮込んでいく料理。
これはわかりやすい。
でもそうなると、「ちゃんこ鍋」との違いは何だろう?

調べてみて、驚いた!

寄せ鍋」は、カツオや昆布などの魚介ベースの出汁が特徴。
ちゃんこ鍋」は鶏がらベースの出汁を使う。
「え、はどっちも使わないんだ!?なんで??」

寄せ鍋」は、江戸時代から食べられていて、
日本人に馴染みのある「魚介」で出汁をとっていたため。
それが伝統のように今も習慣づいてる。

そして「ちゃんこ鍋」といえば「相撲界」!
牛や豚」は4本足で立つことから、力士が手をついて「負けの状態を連想」させてしまうから。
しかし「」は2本足でしっかりと立っていることから「験(げん)が良い」と言われているから。

じゃあ「魚介」でもいいじゃん!と私は思ったのだが、これにも理由があった!
魚には手足がないため「相手に手も足も出ない」という意味になり「縁起が悪い」。
なるほどね!

 

まとめると・・・

水炊き」水やお湯に具材を入れて、具材のうまみを活用する料理。
寄せ鍋」魚介ベースの出汁で、塩や醤油、味噌などの味をつけ、具材を煮込んでいく料理
ちゃんこ鍋」相撲界の験担ぎで、鶏ベースの鍋。