凄いハサミ-CANARY-

 

約40年くらい前、私は小学生になった。
学校の机には「お道具箱」が用意されており、わくわくする文房具が詰まっていた。
その中に、子供には「とても重い銀色のごついハサミ」が入っていた。

最近のハサミは「軽くスタイリッシュ」なデザインが多いよね。
ごつくないので、おしゃれだし、かさばることもない。
収納や持ち運びを考えて、そういうハサミを買うことは私も何度かあった。
けれども気がつくと、それらはいつの間にか使わなくなっている。

子供の頃からの持ち物で、今も残っているものはほとんどない。
新しいデザインが出ると、そちらに興味をもってどんどん入れ替わっていく。
引っ越しのたびに「断捨離」もしているので、ずっとあるのは「アルバム」くらいかな。

でも唯一、その「とても重い銀色のごついハサミ」だけは今も手元にある。
研ぎ直しのお手入れもしたことがなければ、壊れたこともない。
今も変わらない最高の切れ味で、ずっとずっと愛用している。
ふと小学校入学でもらったことを思いだして、自分でも驚いたくらいだ。
もしも「付喪神」になるなら、候補はこのハサミしか浮かばない!

ごついから丈夫なのか、変わらない切れ味で、私にとって「一生もののハサミ」。
これを作って我が小学校に卸してくれて、当時の関係者の皆様、ありがとう!
この出会いにはもう感謝しかない。
検索してみたら「長谷川刃物株式会社」が「CANARY」というブランドを持っていた。
もしかしたらうちの子は、ここのハサミかしら?(ドキドキ)
このハサミを持っている、または覚えてる人いたら嬉しいなぁ。