素晴らしきお隣さん

 

昔は「引っ越し」をすると、ご近所に「ご挨拶」をします。
【お隣になります、よろしくお願いします】みたいな。
今はもう廃れつつあるようですね。
私の住む集合住宅も、知らないうちに住んでは引っ越していなくなっている。
若い人ほど挨拶はしないし、合うことも少ないから、誰がいるかわからない。

とある若い二人組の時は、上の階からひっきりなしに悲鳴が聞こえていて
「いつか殺人が起きるのでは!?」とハラハラしていました。
とうとう真夜中に「助けて~!!」の声に警察に即通報。
お隣さんも通報していて、危険を感じて一緒に二階のお宅に向かいました。
女性の様子を案じたり、警察に対応したり、お隣さんと連係プレー。
そんな彼らも、いつの間にか引っ越していました。
あの時、女性が痣だらけで、男性からのDVだったのでは…?

その他にも、深夜、複数の消防車のサイレン騒ぎがあったり。
お隣さんとは、そうゆうトラブル時によく合うのでかなりの顔見知り。
夜中が多く、寝間着姿でよく合うもんだから、なんか親しみがわく。

そのお隣さんが「引っ越すことになった」とご挨拶に来られました。
去る時の挨拶は、私もしたことがなかったので驚きました。
なんでも、引っ越し先も近所で会うかもしれないからと。
私よりずっとお若いのに、しっかりしている。
ご夫婦と赤ちゃん、家族そろって挨拶に来てくれた。
ホント良いお隣さんだっだな、そう思うとちょっと寂しくなる。
寂しいけれど、気持ちの良い別れ方だったので書きました。