ピラフとチャーハンの違い

 

普段、何気なく食べている「米料理
細かく刻んだ具材を入れて炒めているものを私は「チャーハン」と呼んでいる。
家で作っていて「ピラフを作った」ということがないなぁ~と気がついた。

そして、ふと思う。
ピラフ」と「チャーハン」の違いって何だろう?
具も味付けも意外と似てない?
洋食と中華の違いかな?
・・・などと漠然と思っていた。

今回、調べてみた!

メインのお米の「調理法の違い」だった!
普段の私は「炊いたご飯」や「残った冷凍ご飯」でつくっているから「チャーハン」で正解。

ピラフ」は「生米」をスープに入れて作るんだそうです。
米に水分を含ませて作る調理法によるものを「ピラフ」と呼ぶそうです。

かたや「チャーハン」はパラパラを目指して水分を飛ばしていく調理法のもの。

なるほどね、調べてみてすっきり。
そして料理下手な私は、簡単ですぐ出来る「チャーハン」を好んでよく作っているということ。

ケチャップが大好きな私は「ケチャップチャーハン」を好きでよく作っているけど、
ケチャップピラフ」にしたらどんな感じなんだろう…?
好きなものに手間を変えるのは厭わないので、今度やってみようかな。